ディスクロージャー資料 | disclosure

平成19年度 事業計画

平成19年4月1日
平成20年3月31日

【一般会計】
(本部事務局)

文化振興の総合的な拠点機能にふさわしい事業を中心に、地域に根ざした魅力ある文化事業の推進を図る。


1 文化活動活性化支援事業
 県民の自主的・創造的な文化活動に対し助成し、文化活動の活性化を図る。
対象者
(1)県内に住所又は、活動の本拠を有する、アマチュアの文化団体
(2)県内の市町村文化協会
対象事業
(1)県民が参加する文化活動成果発表事業等
(2)複数の市町村文化協会が連携・共同実施する広域的文化事業
補助率
自己負担金の2分の1以内  限度額 30万円
(先進的と認められるものは50万円)

2 正岡子規国際俳句賞事業
 世界的詩歌としての俳句の発展に寄与するとともに、世界に「俳句王国愛媛」をアピールし、本県のイメージアップを図る。
第4回正岡子規国際俳句賞選考

3 文化広報事業
 財団ホームページの内容を拡充し、インターネットを利用して財団の文化事業はもとより、県下の文化活動、イベントなどの総合的な情報を発信する。また、美術館や生涯学習情報システムとリンクし、文化情報の総合的な窓口機能を目指す。

4 機関誌「文化愛媛」刊行事業
 郷土に関する総合文化誌として、県民が興味を持って読める機関誌「文化愛媛」を2回刊行する。
印刷 各1,300部

5 えひめブックス刊行事業
 郷土に関する様々な題材の中からテーマを選び、えひめブックスとして刊行するための刊行委員会を開催。

6 ふるさと文化再興事業「地域伝統文化伝承事業」
 地域において、守り伝えられてきた祭礼行事、民俗芸能、伝統工芸等の個性豊な伝統文化の継承・発展をはかる。(文化庁補助事業)

7 えひめ文化図書賞事業
 愛媛県の文化について著された図書(非売品に限る)を顕彰することにより、県内文化の振興を図る。

(愛媛県県民文化会館管理事務所)
指定管理事業
愛媛県県民文化会館の指定管理者として、会館施設等の適正な維持管理に努めるとともに、会館の利用促進を図る。指定管理にかかる芸術文化事業として、次の事業を行う。
 
鑑賞型事業 松竹大歌舞伎公演
  オペラえひめ公演(共催事業)
  劇団イリュージョン公演(共催事業)
  松山市民劇場例会公演(共催事業)
  楽友協会えひめ公演(共催事業)
   
参加・創造型事業 コンテンポラリー・ダンス公演
  愛媛音楽支援会公演(共催事業)
   
育成型事業 歌舞伎鑑賞講座
  コンテンポラリー・ダンス ワークショップ
 

バックナンバー

平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
平成20年度
平成19年度
平成18年度
戻る TOPへ戻る